不断水について語ります

不断水工事で水道工事を行うメリット

不断水工事とは水道工事の中で断水をせずにできる工事の方法です。

もともとは水道工事を行うときは断水をして行う方法しかありませんでしたが、断水をして工事を行うと広範囲にわたって影響が出てしまいます。

1950年代に断水をしなくても水道工事ができる工法が確立されていって、その後水を止めなくても工事ができる利便性から不断水工法が水道工事の一般的な工法となりました。

水道工事で水を止める場合は影響が出る地域一帯に事前告知が必要ですし、商業施設や病院が範囲内にあれば給水車を手配しないといけません。

水を止めない方法で工事する事で、これらの手間がなくなるので事業者の負担は大きく減ります。また一般家庭でも汲み水をする必要性がないので、水道工事による負担がなくなります。

断水をする方法の工事は完了後に管内の掃除してから水を通さないといけません。その分だけ工事が終わるまでの時間が長くなりますし、工事のコストが増えてしまいます。

また通水してしばらくは赤い水が出るのでしばらくの間水を流したままにしないといけませんが、不断水工事ならばこの手間も省けます。

工事の作業工程が不断水工事の方が少ないので、工事費を抑える事にも繋がります。不断水工事でよく使われる工法として挙げられるのは分岐工法と凍結工法があります。

分岐工法は割T字管と仕切弁と穿孔機を使って穴をあける工法です。凍結工法は作業個所の両側を液体窒素を使って凍結させて工事を行います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *