不断水について語ります

水を止めずに行う不断水工法

すでに敷設されている水道管の分岐工事を行うとなると、どうしても水道管に流れている水を止めて工事せざるを得ません。

そうとなると、事前に近所の住民に工事について告知し、給水車などを呼ばなければならなくなるなど、周りの人に迷惑をかけてしまうことになりかねません。

また、工事終了後に、水を流さなかったことによって汚れてしまった水道管の清掃工事を行う必要があります。このようなことを考慮すると、水道管の分岐工事には、工事以外に必要な経費が掛かってしまい、経済的だとは言えません。

そのような中で、水道管に流す水を止めずに行う「不断水工法」が開発されました。不断水工法には、不断水分岐工法やインサーティング工法など、様々な事情に応じたいくつもの種類があります。

不断水分岐工法は、既設管にバルブや弁などの必要な部品を取り付けて、弁やバルブを活用しながら既設管に穴をあける工法です。一方、インサーティング工法では割T字管と二つ割離脱防止押輪を取り付け、弁を活用しつつカッターで穿孔してからバルブなどを挿入する方式です。

この工法では、既設管を切断することなく、穴をあけてバルブなどを挿入するだけで済みます。そのため、短時間で工事の一連の作業を終わらせられるのです。

不断水分岐工法とインサーティング工法いずれの工事においても、水を止める必要がありません。そのため、従来の断水後に行っていた工事に比べてコストを抑えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *