不断水について語ります

不断水工法の実際について

不断水工法とは水道工事を行う際、既に流れている水を止めることなく行う方法です。

主に、既に流れている水道管の本管に対してT字型の分岐管を新たに設けてそこにも水を流したいというときに用いられる工法となります。ちょっと考えると、果たして本当にそんなことができるのかと思われるかもしれません。

水道管というのは内部には高い水圧がかかっています。そのために特に傾斜などがなくても水を遠くまで運ぶことができますし、地中にある水道管から地上にある家の蛇口まできちんと水が出てくるわけです。

このように水圧がかかっている以上、不断水工法には工夫が必要なことは間違いありません。

何も考えずに本管を取り換えてT字管を設けるとか、本管に穴を開けて分岐管を取り付けようとしようものなら、工事した瞬間に水圧により水が吹き出して工事どころの騒ぎではなくなるのは明らかです。

ですから不断水工法は特別な準備が必要となります。水圧に耐えられるような設備を予め設けたうえで、その内部で作業を進めるようにするというのが基本的な物の考え方となります。

もちろんそんな水圧の中で人間が作業をするわけには行きませんから、あくまで工具による作業となります。

水圧に耐えられるような水道管を設け、その中で工具を作動させて工事を行うことができれば、不断水工事が完成することになります。

断水を起こさずに済むことから周囲への影響が少なく、メリットの多い工法になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *