不断水について語ります

凍結による不断水工法

凍結による不断水工法とは、工事現場のすぐ上流や下流に当たる部分の水道管のみを意図的に凍結させて目的とする工事を行う方法を指します。

凍結させる以上はその部分には水は流れなくなるわけですから、そういう意味では文字通りの不断水にはなりませんが、周辺への断水の影響を最小限に抑えることができるという意味で不断水工法の一つであることは間違いありません。

たとえば大規模やビルや工場などで、ある限定された一区画だけの水道工事なのに建物全体を断水させたくないという場合があるでしょう。こういう場合、その区画だけへの水道供給をストップさせることができるバルブが設置されている場合はさほど問題ではありません。

そのバルブを閉めてやれば他の区画への水道供給を継続させたまま目的とする工事を行うことが可能で、凍結による不断水工法を採用する必要性はとくにありません。ですが、そうそういつも都合よい場所にバルブが設置されているとは限りません。

その区画への水道供給をストップさせようと思えばどうしても他の区画への影響は避けられない位置にしかバルブがないこともあるでしょう。

あるいは、バルブが設置されていたとしても、そのバルブそのものが老朽化してきており取り替える必要があるといった場合には結局のところ役にはたちません。

このようなケースでは、凍結による不断水工法が威力を発揮します。ピンポイントで凍結させてバルブの役割を一時的に果たさせることができるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *