不断水について語ります

凍結による不断水工法

不断水工法の一つに、凍結による方法があります。

これは工事を行う部分の前後の水道管を冷媒により冷やし、中の水を凍らせてしまうことで、工事をしている最中にも水が溢れるようなことなく安全に行うことのできる方法です。

凍らせてしまう以上、もちろん水は流れなくなってしまいますから不断水工法ではないのではないかと言われるかもしれませんが、他のところに影響が及ばないという意味で立派に不断水工法の一つとされています。

ただし、素人判断で行うのは危険です。だいたい、中の水をしっかりと凍らせることのできるような冷媒を用意することさえ素人には困難でしょう。当たり前のことですが氷などを用いて冷やしても中の水は決して凍りません。

実際によく用いられるのは液体窒素ですが、液体窒素など一般人には容易に手に入るようなものではありませんし、適切に保存することも簡単ではありません。また、しっかり凍ったかどうかを確認することも容易ではありません。

蛇口をひねって水が出てこないから凍ったのだと判断しても、凍らせ方が不十分だと工事中に融解してしまい、大きな惨事につながるかもしれません。

さらには、水道管の凍結による破損といったニュースを耳にすることも多いでしょう。不適切な方法で水道管を冷やしたりしては、内部でできた氷によって水道管が損傷する可能性もあります。このようなことから、工事は専門の会社でなければ安全に実施することが困難です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *