不断水について語ります

不断水工法での水道工事

不断水工法とは、水道工事をする際に周辺に断水を引き起こさずに済む方法を指します。

水道工事の際には断水が当然のように思っているかもしれませんが、水は生活していく上で必須のものですから、断水は止むを得ないものであっても大きな迷惑であることに変わりはありません。

当然ながら事前の周知が必要になりますし、断水の間に必要な水は予め貯めておいてもらうようにお願いしなければなりません。

もし断水が長時間に及ぶときとか、使う水の量が多いビルや商店、工場などが断水の対象で、予め水を貯めておくことが現実的ではないときには給水車を手配することも必要になるかもしれません。

さらに工事が終了した後もしばらくは錆びの混じった水が出ることもあるかもしれないなど、気にかけないといけないことは多くなります。このような理由から、できれば不断水工法で水道工事を行いたいという需要は非常に高いものがあります。

不断水工法などどのように行えばよいのか想像もつきにくいかもしれませんが、工事の手法は進歩してきており、断水を引き起こさずに水道管工事を行う方法は開発されていて、実際にも広く利用されるようになっています。

進歩的な方法ということで、もしかするとコストが高いとか、工期が長くなるのではないかと心配されるかもしれませんが決してそんなことはありません。

むしろ、コスト面でも工期の面でも断水させて行う工事よりもメリットが大きいことのほうが多いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *