不断水について語ります

凍結法を用いた不断水工法

不断水工法の一つに、水道管を意図的に凍結させてその中にできた氷をいわば栓のようにして使い、水が溢れ出してくることを防ぎながら目的の水道工事を行うという方法があります。

水道管は凍結が問題になることもあるくらいなのに意図的に凍結させるなどなんと乱暴な方法かと思われるかもしれませんが決してそんなことはなく、この不断水工法は有用な水道工事方法として確立されています。

確かに原理としては極めて単純なものと言えます。何か水道工事をしたい場合に、そのすぐ上流側に当たる部分を意図的に凍結させてしまえばもはや水が溢れ出すようなこともなく安心して工事ができます。

場合によっては、工事現場のすぐ下流側も凍結させなければならない場合もあるかもしれませんが、いずれにしても凍結範囲は限定させることが可能で、工事の影響の及ぶ範囲を最小限に抑えることができるというのがこの不断水工法の最大の特徴です。

もし、このようなある意味で乱暴とも思える発想の転換をしなかった場合、馬鹿正直に予め設置されているバルブ、止水弁でしか水を止めることはできないものだと思いこんでいる場合は、そのバルブや止水弁の位置によっては工事の影響の及ぶ範囲が非常に広くなってしまうことは容易に理解できるでしょう。

凍結させれば、影響範囲を最小限に抑えることができるわけです。一方で、もともと適切な位置にバルブや止水弁が設置されている場合はただそれを作動させて工事を行えばそれで良く、わざわざ凍結させるような必要はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *