不断水について語ります

不断水工法のやり方について

不断水工法というのは断水させずに水道工事を行うことで、内容としてはいくつかに分類されますが、一つには既に水が流れている水道管本管に対して新しくT字型に分岐管を設ける工法があります。

誰でも知っていることでしょうが、水道管というのは単なる用水路のようなものではありません。単なる用水路であれば、その水の流れをせき止めることなくT字型の分岐を新しく設けることはさほど困難な仕事ではありません。

予め新しい用水路をT字型になるように引いておいた上で、接続部分の壁を取り払ってやればそれで済むことです。もちろん水路の傾斜などはしっかりと考えておかなければなりませんが、工事そのものは別に難しくもなんともありません。

ですが、これが水道管となると話は違ってきます。用水路であっても水圧はかかっていますが、それはあくまでも底と壁部分だけで、上側には開いていますし、水圧そのものもさほど高いわけではありません。

水道管の場合は管の全周囲に対して高い水圧がかかっており、用水路でいうところの上側の開口部、つまり水圧を気にせずに壁を取り払うという作業を行えるスペースが全くありません。

ですからしっかりと作戦を練った上でないと不断水工法などは行えないわけです。まずは本管に対してT字管をしっかりと水圧にも耐えられるように取り付けた上で、その内部で、水圧にも耐えられるような器具でもって本管とT字管との間の壁を取り払うという作業をするのが不断水工法となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *