不断水について語ります

分岐法による不断水工法

分岐法による不断水工法とは、既に配水されている水道管本管に対して新規に分岐管を設ける際、本管の配水を一時的にでも遮断することなく行う方法を指します。

この不断水工法のポイントは2つです。まず、水道管には水圧がかかっていますから、分岐管そのものは当然として、接続部分についてもその水圧に耐えられるものでなければなりません。

これは、単なる分岐管ではなく、割T字管と呼ばれる特殊な形状のT字管を用いることで解決されます。

割T字管とは、言葉でうまく説明するのはなかなか難しいですが、要は単に新しい水道管を接続するのではなく、本管をがっちりと挟み込みつつ新たな水道管の役割も果たすような特殊な形状をした分岐管のことです。

次に、この新しい分岐管の内径にちょうどぴったりと合うような大きさに設計された専用の穿孔器です。不断水工法では、新しく設ける水道管が接続部分も含めて水圧に耐えられなければならないだけでなく、本管と分岐管との間の壁を穿孔する際にも水圧に耐えられるようなやり方で行わなければなりません。

それが、分岐管の内径にちょうど合うような大きさの穿孔器ということになります。これで本管と分岐管との間にある壁を穿孔しても、内径にちょうど合うように作られているわけですから水が吹き出してくるようなことがありません。

このような工法を採用すれば、本管の配水を全く遮断することなく分岐管を新たに設置することができたことになるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *