不断水について語ります

不断水工法に関する基礎知識

不断水工法と言いますのは、土木工事の時に実行される既設の配管を断水しない状態で分岐工事にあたる手法です。

給水車の依頼や工事の後の管の掃除、告知などを行う場合の労力と時間をカットすることができます。上下水道のみならずガス管にも採用されています。T字管及び専用穿孔機を活用して分岐します。水道工事をする時には断水を行なって排水をして、工事を実施することが求められましたが、既設管に対してT字管をつなげなくて大丈夫なので、簡単な方法でその上効率の良い工法となります。

言うまでもなく、専門業者による工事が求められます。不断水工法は赤水を取り除きたい、消火栓、あるいは空気弁をチェンジしたい、断水範囲を最低限にしたいというケースにも効果を見せてくれます。建設会社にとりましては工事時間の軽減と工事の範囲内の拡大に有効性をもたらして貰えますので、コスト削減になります。また、液体窒素を活用することによって限定的に配管内の水を凍らせる手法も不断水工法という形で利用されています。

劣悪化した水道管を断水しないでチェンジすることができるため一般家庭のみならず病院、あるいは工場などで稼働状態に影響を与えずに実行できます。不断水工法に活用されるバルブといった製品を開発する専門会社もあります。ソフト弁や、トルクなどスペックも高く、扱いが容易になっているのが特色になります。開閉コントロールが円滑で工事の負荷を軽くしてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *