不断水について語ります

能率の良い不断水工法に因る配管工事について

不断水工法を取り入れると上下水道においての配管工事を要領よく実行出来ます。

既存の方法と照らし合わせると工事そのものに求められる時間が短いのみならず、色々な付帯作業をカットできるという側面を持っています。昔は古いバルブを閉めて既設管内の水の流れをストップしてから必要な作業を実施していました。工事の現場一帯において断水と化すと周辺の住居者に対する告知や給水車の依頼が要ります。

加えて古いバルブに関しては赤錆が付いており動作させると剥離し水そのものが赤く濁ることになります。赤水に対応するには工事後に掃除を欠かすことが出来ません。昔の方法ではいろいろな労力と時間が求められていました。不断水工法においては古いバルブを動作させることが求められません。周辺の居住者に対しての対処や掃除といった付帯作業をカットできる他に、工事そのものに要求される時間も短縮されます。

トータルの工事のための期間を既存の方法と比べ大きく短縮できるので効率が良いといえます。工事のための期間を短縮した場合従業員にかかる費用などのコストも抑えられます。不断水工法に関しては分岐と凍結工法が見られます。初めに上水道の配管工事を行うテクニックとして分岐工法が考えられましたが、近頃では両方上水道のみならず下水道の工事にも導入されています。分岐工法は穿孔機及び割T字管、仕切弁を介して機械的にタスクを実施します。凍結工法は液体窒素によって作業する所の両方の端を凍結させて、バルブの代替とします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *