不断水について語ります

不断水工法の主な特徴とメリット

近頃の日々の生活におきまして断水がもたらされる事が減少しました。

昔は、水道管工事に取り組むケースでは水をストップして分岐配管を実施するのが当然でした。工事予定の数日前から近くの居住者に対しての周知、あるいは給水車の依頼など、準備が多くありコストが掛かるウィークポイントがありました。ここへ来て、水の重要さは大きくなっています。

水の利用は、家屋では水洗トイレがほとんどであり介護施設においては、一段と多くの水を活用するので生命線です。工場においては生産効率の低下があり料理店では、販売数の低下が見られるのでよほどの事がない限り通水して必要な作業が施される様になっていると言えます。それを成し遂げたのが、不断水工法になります。不断水工法は、断水する事なく工事することができます。

不断水工法においては、既設本管の分岐するべき所に対して割T字管と呼称される器具を固定することになります。その場所にバルブを付け、穿孔機をセッティングします。穿孔機ドリルによりまして既設配管への孔あけを行なって、ドリルを初めの位置まで戻すことになります。

既設配管から水が溢れかえりますので、バルブの締めつけによって止水することになります。穿孔機を外せば、その先の配管のための必要な作業を進める事が可能です。配管作業が一切合切済んだら、バルブの開放を行なって通水になります。既設配管に対しての孔あけの時に出現する削り屑に関しては、水圧によりまして外へと押し出されるので、管内に対しての混入はないと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *