不断水について語ります

不断水工法で工事するメリット

不断水工法とは水道工事の方法の一つで、作業中に水を止める事なく作業ができる方法です。

水を止めなくても良いので作業者側もやりやすいですし、対象となる範囲で生活する人にとっても大きなメリットがあります。その為1950年代以降は不断水工法が水道工事の主流となっています。断水をして工事をする時は対象範囲にある一般家庭に水が止まる事を告知しないといけませんし、範囲の中に商業施設や病院のような水道が止まったら困るような施設がある時は給水車の手配が必要になります。

工事が終わった後も通水する前に管内を掃除する手間が必要になります。通水してもしばらくは赤水が出るので、しばらく水を流したままにしないと水が使えるようになりません。断水する工事と比べて不断水工事は手間もコストも少なく済むので、特別な状況で断水が必要なケースは除いて不断水工法が使われるようになりました。不断水工法が普及し始めた頃は分岐工法という分岐型のT字管を装着して仕切弁と穿孔機を取りつけて行う方法が主流でした。

不断水による水道工事はしばらくこの方法は多く使われてきましたが、凍結工法が確立されて凍結工法で行われる水道工事を増えていきました。凍結工法とは液体窒素を使って工事をする両端を凍結させて部分的に断水させて工事をする工法です。凍結工法を使えばバルブがない場所でも作業をする事ができるメリットがあります。バルブ自体の交換をする時も凍結工法が使われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *