不断水について語ります

水道を止めずに工事が出来る不断水工事とは?

水道工事等を行う際、水道管から水が流れなくなるため、一時的に水を使用することが出来なくなります。

これが「断水」です。多くの場合、断水期間の数日前に断水のお知らせというものが来ます。とはいえ、水が必要な場合(トイレ等)に断水となる時間帯が重なってしまった場合、非常に不便な目にあいます。

これらの状態を解消するための方法として、断水をせずに工事を行う方法である「不断水工法」が存在し、そしてそのような方法による工事を「不断水工事」といいます。既設管に穴を開け、専用の配管(割T字管)を取り付けることで水道を確保し、工事が必要となる箇所の作業を行います。

不断水工事によるメリットは数多く存在します。通常の工事の場合、工事期間中は断水となるため、その旨の告知を該当する世帯に対して行う必要があります。一方、不断水工事の場合は断水がないため、そのような告知は不要です。

基本的には工事の前後を通じ、周辺の生活には全く影響がありません。また、断水時に水を供給する必要がある場合、給水車を手配する必要が生じることがありますが、この場合も手配は不要となります。

加えて不断水工事の場合、工事が完了した後に管内の清掃をする必要がないのが特徴です。これらの作業を省略することにより、工事前のコストや手間が省けることはもちろん、工事期間の短縮にも大きく貢献します。むろん、トータルでの工事費用は大幅に削減することが可能となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *