不断水について語ります

都市の機能を守る不断水工事の優れた点

上水道・工業用水道・農業用水道・下水道などから、水を止めることなく所要の分岐菅を取り出したり、バルブをつけたりする工事を不断水工事と言います。

工事の概要としては、本管から給配水のため枝管の取り出しを行う「分岐工事」と本管の切断部に仕切弁やプラグストレーナーなどを挿し込む「インサーティング工事」などがあります。

止水する方式の違いによってバルブと補助金具を利用して機械的に水を止める工事と枝管の管内水を液体窒素などの低温にすることで凍結させて栓とする工事のやり方があります。不断水工事は、断水することがないので工事にあたって住民に告知したり、代替の施設を確保する必要がない事、水を止めないので不断水工事後の配管の清掃も必要のない非常に優れた工法です。

しかしながら、漏水を引き起こす危険性もあるので、事前にチェック項目を作成して手順に従って項目を確認しながら工事を進める必要があります。作業の手順書などをあらかじめ監督する行政官庁に届け出ることもあります。

また施工にあたって水道局ななどの職員の立ち合いを要する場合もあります。不断水工事は、作業時間を短縮できるのはもちろんですが、作業効率もよくなります。コスト的にも断水して工事を進めるよりはるかに削減することができます。

新しい枝管を迅速・スムーズに行えるので工事関係者にとっても工期を急ぐことができるので好評です。過去のデータをもとに実証実験や検証を行うことで安全管理には万全の体制がひかれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *