不断水について語ります

断水による影響を発生させない不断水工事

最近は、工事に伴う断水のお知らせというものが見かけなくなってきたとお気づきの方も多いことでしょう。

実際に水道工事による断水は発生する事が圧倒的に少なくなりました。一昔前であれば、水道管工事を行う場合には水を止めて分岐配管を行うのが通常であり、水道工事を行う予定日からかなり前に断水が見込まれる近隣住民への周知を行うこと、給水車を手配することなど、手間のかかる段取りが多く、その上多額の経費が掛かるという欠点がありました。

水道水の重要性は水洗トイレの普及や自動給湯器の普及など、事業所のみならず一般家庭における位置づけもとても大きくなっています。大量の水を使用することになる工場などでは、生産性の低下が懸念されますし、飲食店では営業不可能となりますのでその保証も考慮しなければなりません。

つまり余程の事がない限りは、通水している状況で作業が行われることが社会基盤的にも求められるようになっているのです。不断水工事は、そのような断水における問題点を解決する工法として広く採用されています。

水道の修理や補修に関しては、不断水工事によって日常生活への影響を与えることなく工事を完了することができますので、断水に関して発生することが見込まれる多くのコスト負担を軽減することもできます。

工法にはさまざまなタイプがあり、施工業者によって独自の技術を持っているケースもあります。一般的なのは液体窒素で一時的に凍結させ物理的に水道水を遮断するという工法です。不断水工事を施工している業者のほとんどが、この凍結方法を実施しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *