不断水について語ります

不断水工事の普及と一般化

普段遂行時は、既設の水道本管からのびる分岐管を接続するために用いられる工法です。

この工事方法は、水道工事では欠かすことができないきわめて重要なものです。蛇口をひねると常に水が出てくるという現代の生活を断水によって滞らせることは、周辺の住人に大きな影響を及ぼしてしまいます。

そのような影響をあたえることなく工事が完了できるというメリットがあるために、重要な技術であるといえるでしょう。不断水工事の特徴やメリットとしては、断水による周辺への告知をすることや給水車を手配することが不要になること、工事完了後の水道管内の清掃が不要であること、工事期間の短縮を図れること、工事費の削減が期待できることなど、多くの点が挙げられます。

断水を発生させることによる影響をほぼカットできるということから、不断水工事は多くの現場で取り入れられています。専用の穿孔機を用いることで、既設の水道本管に穿孔してそこから分岐をするというのが不断水工事です。

断水して本管を切断するということ、T字管を挿入して接合するという手間が必要なく、通水状態のままで施工するという工事です。止水の方法にはいろいろな工法がありますので、その現場に合った工法を採用することが求められます。

バルブと補助金具を使用して、機械的に止水をする方法や、液体窒素を利用して凍結させて栓をする凍結方法があります。液体窒素を用いる不断水工事は、小規模な修理や補修の現場でよく用いられている方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *