不断水について語ります

不断水工事のメリットとは

不断水工事とは水道工事をする時に断水する事なく、水道工事を行う方法です。

不断水工事には二つ方法があって冷凍工法と分岐工法があります。冷凍工法は液体窒素を使って最小限の水抜きで交換工事や増築工事など様々な工事を行えて大型の建物に適した工法です。一方分岐工法は通水状態のまま分岐設置やバルブ設置を可能にする工法です。

上水道の給水分岐時に断水することなく施工する為に開発された工法ですが、下水圧送管においても空気弁の設置や分岐設置やバルブ設置に使われている工法です。

断水が起きる工事だと一般家庭の場合でも工事中は水道が使えないので非常に不便ですし、飲食店などの店舗の場合は営業に差支えが出てしまって非常に不便です。そこで不断水工事を行う事で断水をしなくても水道工事ができるので、普段通り水を使いながら工事を進められるメリットがあります。

断水をして行う工事では水道工事が終わって断水が終わってもしばらくは水道から出る水が赤く濁る事があります。そうなると少しの間排水を行わないといけません。不断水工事ならば水が濁る事自体がないので排水の手間がありません。

さらに不断水工事は工期の短縮ができるので、人件費が削減できるので工事にかかるコストが低くすむメリットもあります。断水を行わずに水道工事をした方が工事をする側にとっても工事を依頼する側にとってもメリットが大きいので、水道工事の多くが断水を行わずに施工されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *