不断水について語ります

既設管内の水の流れを止めない不断水工事

不断水工事は上下水道の配管工事を行う際に既設管内の水の流れを止めないで作業します。

分岐工法と凍結工法の2種類の技術によって不断水工事が行われています。最初に開発されたのは分岐工法です。1959年に上水道で新しい分岐管やバルブを設置するための技術として開発されました。

現在ではいずれの工法も上下水道両方の配管工事に採用されています。不断水工事の技術が登場する以前は、配管工事を行う際に既設管内の水の流れを止めていました。既設管内の水の流れを止めるには赤錆が付着した古いバルブを動かす必要があります。

赤錆が剥離して配管内の水が濁るため配管工事が完了した後に清掃が必要です。しかし不断水工事であれば古いバルブを動かさずに作業ができるので清掃は不要となります。また広範囲に断水が生じる場合には地域住民への告知や給水車の手配が必要ですが、不断水工事では不要です。

分岐工法では既設管に割T字管と呼ばれる分割型のT字管と仕切弁を取り付けます。さらに穿孔機を取り付け仕切弁を全開にします。穿孔機にはドリルが付いており、既設管に穴を開けることができます。切り屑が発生しますが水圧で押し出されるので配管内には残りません。

仕切弁を閉じて穿孔機だけを外し新たな分岐管やバルブを設置します。そのため作業後も割T字管と仕切弁は残ります。凍結工法は液体窒素を使用して作業箇所の両端を凍結させます。

凍結部分がバルブの代わりとして機能するので、バルブがない場所や遠い場所での作業に最適です。いずれの工法で配管工事を行う場合も、工事期間を大幅に短縮してコスト削減を図ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *