不断水について語ります

不断水工事のメリットは

不断水工事のメリットはもちろん断水せずに水道工事ができることです。

水道は日常生活に欠かせないものですから、短時間であっても断水は不便なものです。炊事、洗濯、入浴、トイレなど、水が使えなくては非常に困ることになります。もしどうしても断水が必要な場合は、予め影響を受ける人には周知し、必要な水を汲みおいてもらうように要請することになるでしょう。

影響が長時間に及ぶようなときとか、工場や店舗など大量の水を常時使用しており汲みおきが実際的でないときには給水車を準備することも必要になります。工事開始前にそのような準備が必要なだけではなく、工事終了後も配慮が必要です。給水再開後も最初は水道に空気や砂が混じるのはよくあることです。

このように断水を起こすことはやむを得ない場合もあるとはいえ、できれば避けるに越したことはないのは影響を受ける人の側はもちろんのこと、工事を施工する側の人間にも同様に当てはまることとなります。

不断水工事は断水に伴うことのようなデメリットを全て回避することができます。それだけではありません。不断水工事の場合は一般的に工事期間も短くなりますし、既に流れている水道管に手を付ける範囲が狭くなりますから、それだけ道路を開削する範囲も狭くて済みます。

それだけ地上の交通に与える影響が少なくなりますし、また工事範囲が狭くて済むということは工事費用の削減にも直結してくるというメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *