不断水について語ります

不断水工事が難しい場合

不断水工事が難しい場合というのもあります。

確かに最近では不断水工事が一般的になってきており、とくに街中に住んでいるような人は近隣で水道工事が行われていても断水することが少なくなったと感じているのではないでしょうか。

しかしどうしても断水させて水道工事を行わざるを得ない場合もまだまだあります。どういう場合に不断水工事が難しく、断水させざるを得ないのか説明しましょう。不断水工事では現場で水道管本管に穿孔することになります。そして分岐管はあくまでもパッキン及びボルトとナットで本管に締付けるだけであり、予め工場で製造されたY字管のように分岐部分が溶接などにより一体的になっているわけではありません。

一応、通常の状況下での必要強度はもちろん確保されていますが、Y字管に比べると強度に劣ることは否定できないでしょう。また、取り付ける側の本管部分は単純な円柱状である必要があります。

例えば本管どうしの接合部分で突起が既にある部分とか、曲がっている部分、さらには反対側に既に別の分岐管が設けられている部分などに対して新たに分岐管を設けることはできません。また、強度の問題でいえば、本管の太さに比べて分岐管の太さがある程度以上に大きい場合も、本管の穿孔部が大きくなってしまいます。

もちろん本管と分岐管の関係上、本管以上に太い分岐管などあり得ないでしょうが、本管未満の太さであってもある程度以上大きいときは穿孔による強度減少が著しく、不適となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *