不断水について語ります

不断水工事の実施方法

不断水工事の実施方法ですが、これは既存の水道管に対して垂直に、予め弁を設けた分岐用の水道管を設置するところから始まります。

この分岐用水道管は、既存の水道管と溶接するわけではありません。代わりにゴム製のパッキンでしっかりと締め、水圧に耐えられるようにします。もちろん継ぎ目部分がずれたり外れたりしては致命的です。これに対しては、分岐用水道管を腕にたとえれば、ちょうど手指の部分で既存の水道管の周囲全体を握るように締めることで強度を保てるように対処しています。

そして、不断水工事では、この腕のたとえを続けて説明すると、腕の骨に当たる部分が穿孔用の器具になります。既存の水道管に取り付けた分岐用水道管の反対側、つまり肘に相当する部分から穿孔機を差し込み、そのまま先端の水道管に穴を開けます。

ここで、この穿孔用の器具は腕の太さにぴったり対応した専用のものを使用し、穴を開けることで水圧がかかっても水が噴き出したりしないようになっています。穴を開け終わったら、不断水工事ではここで弁が活躍します。

この弁はつまり手首部分に設けられており、穿孔用の器具をある程度引き出した後に弁を閉じることができます。一旦弁を閉じれば、もう穿孔用器具をそのまま引き抜いても水は漏れません。後はもうゆっくりと取り付けた分岐用の水道管に対して必要なだけ別の管をつなぐことができます。弁を開けば給水が行われ、不断水工事の完成というわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *