不断水について語ります

不断水工事の方法とは

不断水工事とは既存の水道管に対して何らかの工事をする際に、水道を止めなくても済む工事方法を指します。

この方法には大きく分けて2つの方法が存在しています。一般的な不断水工事は、既存の水道管上に特殊な器具を取り付けて水圧にも耐えられる小空間を設けられるようにし、その小空間内部で器具を動かして工事を進める方法です。

しかし不断水工事にはまた別の方法もあります。これは正確には不断水と呼ぶのは適切ではないかもしれませんが、給水設備の末端部分ではあるけれども、その部分だけの給水を止めることができるようなバルブや弁などが存在しておらず、例えばその設備自体を新しいものに交換しようと思えばより上流側の、近隣にも断水の影響を及ぼすような地点に設けられたバルブや弁で給水をストップさせざるを得ないというケースで適用されることがあります。

イメージとしては例えば消火栓の交換などを思い浮かべてもらえばよいでしょう。最寄りのバルブや弁で給水を止めて設備交換をしようとすれば近隣住民への影響が避けられないケースが該当します。

こういう場合、当該消火栓直前の水道管のみ液体窒素などの冷媒を利用して一時的に内部の水を凍結させ、できた氷をいわば栓代わりにしてその間に設備を取り換えるという方法があります。突き詰めて言えばその部分の給水はストップしているわけですから不断水ではないという見方もあるかもしれませんが、近隣住民への断水の影響がないという意味では間違いなく不断水工事の一つです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *