不断水について語ります

分岐法での不断水工法

分岐法での不断水工法というのは、既に水道水が供給されている水道管について、その本管の流れを止めることなく新しく分岐管を設けてそこにも水道水を流そうとするものです。

新しい建物を建設したいときなど、その建物に面する道路の地下には水道管本管が埋設されているけれども、分岐のための設備は設けられておらず、本管の水道を止めることなくその建物用の分岐管を設置したいという場合がこれに当てはまります。

ここで不断水工法を採用せず、工事のために本管の流れを遮断してしまえば、そこよりも下流側にある周辺の建物への給水がストップしてしまいます。いわゆる断水です。断水というのは凍結や老朽化による水道管の破損が原因のこともありますが、このように工事に伴って起きることもあり、影響を受ける周辺住民にとってはそんなことが起きないに越したことはありません。

ちょっと考えると、本管には既に水道が供給されている以上は高い水圧がかかっていますから、その供給をストップすることなく新しく分岐管を設けることなどできるのだろうかという気もします。

確かに、何の対策もせずにただ分岐管を設置するようなことはできません。不断水工法にはそれなりの工夫が必要です。ですがこれは別にごく最近開発された新規手法で、一部の限られた会社しか実施できないような特殊な工法ではありません。工法そのものは既に数十年も前から開発され利用されている方法で、安全面も確立されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *