不断水について語ります

ビルなどでの不断水工法

大規模なビルや工場などで、ある一区画だけの水道工事をしたいという場合はよくあるでしょう。

オフィスビルや商業施設であれば一つのテナントだけの入れ替わりがあって、その区画のみの水道工事を行いたいという場合とか、大規模な工場であればある一つのラインのある一つの区画だけの水道工事を行いたいといった場合です。このような場合、不断水工法が非常に役に立つかもしれません。

とくに不断水工法を採用しない場合、ただその一区画だけのために工事の影響の及ぶ範囲が広がってしまうことも考えられます。一区画だけの工事のためにビル全体とか、工場全体を断水させてしまうかもしれませんし、そこまで影響が広がらなくてもそのフロア全体とか、一つのライン全体が断水してしまうかもしれません。

ですが、その区画だけに影響を限定して水道工事を行う方法があります。それが不断水工法です。具体的にどうするのかというと、工事をしたい部分のすぐ上流の部分の水道管だけを冷却材を使って凍らせてしまうのです。凍らせるのはあくまでも工事をしたい部分のすぐ上流だけですので、凍らせた部分よりもさらに上流側の水道管とか、さらに上流側から分岐している水道管には何の影響もなく、普段と全く変わらずに水を使い続けることができます。

工事をしたい部分のすぐ上流だけを凍らせてしまうのがポイントで、これで影響範囲を広げることなく安心して現場での工事ができることになるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *