不断水について語ります

都市インフラの維持に貢献する不断水工法

日本では大部分の市町村に上水道が普及し、蛇口を捻れはいつでもきれいな水を手に入れることができます。

一方で老朽化した水道管が多くなり、サビなどのせいで水質が悪化したり、漏水が起きたりするケースも見られます。

古くなったり傷ついたりした水道管は、必要に応じて補修しなければなりません。しかし工事のために水を止めると、産業活動にも日常生活にも多大な影響を及ぼしてしまいます。

断水による不便を避けるため、現在では不断水工法による水道工事が普及しています。

このうち一般的な不断水分岐工法は、既設の水道管に特殊なT字管と仕切弁を取り付け、水を止めずに工事を行う手法です。

弁の開閉で水流をコントロールしつつ、取り付けた専用の穿孔機で既設管に穴を開けます。

断水して水道管を補修する場合に比べ、工期が短縮できるだけでなく、工事終了後の洗浄などが不要になるというメリットもあります。

水道管を移設したり分岐したりする際にも、不断水工法が活用されます。

地下街などで埋設物が多く、穿孔機を設置する十分な場所が取れない場合でも、工具や工法を工夫することによって、通水のまま工事することが可能になっています。

水道工事の専門業者は、それぞれ独自の不断水工法の技術や、特殊な機械工具を開発・保有しています。

近年の日本では断水が起きることもめったにありませんが、ライフラインが日々正常に機能しているのは、こうした技術の恩恵と言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *