不断水について語ります

不断水は、一般生活するためにはかかせない工法

通常水道周りの工事を行う際は、今までは断水をして行っていました。

しかしそれではは日常生活に不便をもたらすだけでなく、病院や施設には仕事に支障をきたしてしまいます。

そうすると、患者さんや利用者さんに万が一のことが起きた場合に、水が使えないことで命に関わる事態が起こる可能性があります。

不断水とは、上記の不便さを解消するために生み出された工法です。特殊な弁と管を利用することにより、断水を行わずにすむようになりました。

つまり、水道周りの工事を行う際には水を止めずに行うのです。これにより、断水をすることによって生じていた問題が解決することになります。

例えば、今までは断水する前に水を溜めていたと思いますが、それも必要なくなります。

用意していた水が足りなくなり困ることもありませんし、洗濯などを時間を気にして行う必要もありません。

病院や施設でも気にしなくてすむので、業務を通常通りに行うことができます。また、自治体にもメリットがあります。

断水を行う際はその旨を伝えなければいけませんし、終わったあとに異常がないかを確認しなければいけません。

しかし水を止めないのであれば、その必要はなくなります。

そして不断水の最大のメリットとして、断水を行った場合は赤水が発生してしまうことがありますが、不断水では水を止めることがないので、いつでも安心して安全な水を利用することができます。

あまり聞き馴染みのない言葉ですが、実はわたしたちが生活するにあたり、とても役立っているものが、不断水工法なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *