不断水について語ります

不断水工法のメリット

不断水工法は、大阪の水道工事業者の大成機工株式会社が昭和34年に開発した工法です。

高度経済成長に伴い生活水準が向上して断水がやり難い環境になった中で考案されたもので、上水道の給水を分岐する際に本管を断水する事なく施工できるという点が最大のメリットです。

さらに、その後はバイパス管路のためのバルブの追加設置や分岐設置、下水圧送管における空気弁の追加設置にも採用されています。

なお、水道工事といえば断水に伴う告知や給水車の手配がセットというイメージを持たれていますが、不断水工法の場合はこれらは必要ありません。

何故なら、不断水工法では既設管を断水しないためで、工事完了後の管内の清掃なども不要で、全体にかかる手間のかなりの部分を削減することが出来ます。

このように便利な不断水工法は、圧送ポンプを運転する時にも管内水の排出だけで分岐及びバルブの設置が可能なので、今後は切回し配管や圧送管路の多条化にも有効性を発揮すると考えられています。

ちなみに、不断水工法の具体的な内容は次の通りです。まず、既設圧送管の分岐取付部分を掘削し、「割T字管」と呼ばれている既設管に分割型のT字管を取り付けます。

そして仕切弁も取り付けた後に、この部分に特殊なコアカッター状の穿孔機を取り付けます。

次に仕切弁を全開にして穿孔機を始動し、既設圧送管を穿孔します。この時に切削される既設管が水圧により穿孔機側に押されるので、切屑と共に穿孔機内に取り込まれます。

最後に、穿孔が完了したら仕切弁を全閉にして穿孔機を撤去するという内容です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *