不断水について語ります

不断水分岐工法で水道を使いながら工事を完結

水道は毎日の生活には欠かせないもので万が一使えなくなることがあれば多大な不便が生じます。

一戸建ての住宅ならばお子様や旦那様が学校やお仕事へ行っている間に工事を施工するなど影響を最小限にすることも可能ですが、問題となるのが集合住宅の工事です。

従来の工法では配管の配置によっては1軒のための工事を施工するために全ての世帯の水道を止めるというケースが大多数で、素早い施工が必要となるだけではなく事前の説明や挨拶回り、施工が完了してからのアフターフォローなど多大なリソースを費やす必要がありました。

そんな中で技術革新が進み不断水分岐工法が登場し、各世帯の水道を断水させること無く工事を完結させることが可能となりました。

不断水分岐工法では既設配管にT字管と仕切り弁を取り付け穿孔機を前進させて既設配管に孔を開けます。

続いて仕切り弁を閉じてから穿孔機を取り外し分岐管の配管を設置し、仕切り弁を開ければ通水が開始されます。

全戸的な断水が生じるのはここまでの手順を実施するほんの短い時間で、ここから先も断水が発生してしまうのは施工を実施する経路上にある極めて限定的な世帯に留まり、大半の世帯は分岐管を通じて水道を通常通り使える状態にあります。

従来の方法では全体の断水時間を最小限とするために迅速な施工が求められていたところ、この不断水分岐工法を採用すれば過剰に時間に追われることなく安全確実かつ丁寧な工事を施工することが可能となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *