不断水について語ります

不断水工事で効率的に作業ができる

配管工事が必要になった場合には、水を一度止めてから工事を進めていかなくてはいけません。

住宅や建築物の中に流れている水は、配水管を通って流れています。

そのため、この部分で何らかの欠陥があった場合には水の流れを止めないと確認することができなくなります。

一方で、不断水工法というのは、水の流れを止めないで配管の工事を行っていく特殊な技法のことを意味します。

現代の水道管工事などに一般的に使われている方法であり、非常に便利な方法として重宝されています。

昔は、水道管から分岐管をとりだすときにわざわざ断水を行って工程を進めていかなくてはならないという難点が存在しました。

これは、上述のように水が流れ出ていると工事を現実的に行うことが出来なかったからです。

しかし、この方法は断水を行ったときに断水の影響が非常に広範囲に及んでしまうというデメリットもありました。

一部分の場所で断水をしてしまうと他の場所でもその影響が出て、ライフラインが止まってしまう可能性が生じたわけです。

ですから、早急に別の方法が考えられました。そこで考えられたのが不断水という便利な手法でした。

既に存在している配管に対して断水を行うことなく工事を進めていくことができるため、効率的に広い範囲で作業を実施することができます。

不断水は、簡潔に述べると断水を行わずにバルブを設置する方法です。ですから、面倒な工事や作業を行わずに済むようになりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *