不断水について語ります

不断水の状態で工事を進められるメリット

下水道や水道管の工事を断水をしないで進める方法には幾つかの種類があります。

分岐工法は機械的に穿孔機に取り付けられたドリルを使って穴を開ける方法です。

その一方で、凍結工法は作業する部分を液体窒素を使って凍結させて、バルブ代わりに作業を進めます。

分岐工法ではある程度広い範囲の水の流れを遮断させる必要がありますが、凍結工法は部分的に遮断させるだけで作業をすることが可能です。

凍結している部分の水の流れが止まるため、バルブを交換するときなどに役に立つ方法になります。

配管工事も色々な方法があるため、工事を行う状況に応じて最も適している方法を選ぶことが必要です。

例えば分岐工法は下水道や水道でバルブを設置したり配管を分岐させたりするときに採用されます。

完全に不断水の状態で工事が可能なため、周辺の住民に前もって告知しておく必要がありません。

断水させて水道管の工事を進めるときは、給水車を手配する必要がありますが、分岐工法を利用すれば給水車を手配自体が不要です。

色々な手間を省略することが可能なため工事を行う期間を短縮することが出来ます。凍結工法の場合は部分に断水することになりますが、ほとんどの部分を不断水の状態にして作業を進めることが可能です。

ショッピングモールなどといった大きな規模の施設でフロア単位で工事を進めるときなどに適しています。

どちらの工法も古くなったバルブを開いたり閉じたりする必要がありません。

古くなったバルブにはサビが付着していて、開閉すると水がサビで濁っていまうので配管を清掃することが必要です。

バルブを使わず不断水の状態で工事が出来ると、水が濁らないため清掃作業を省くことが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *