不断水について語ります

不断水工事が広く利用される理由

凍結不断水工法とは、配管内の水を一時的に凍結させて栓の役割を持たせ、その間に水道管工事を行うことをいいます。

突っ込まれると凍結によってその先は水が流れなくなっているわけですから断水を起こしていることになりますが、一般的にはそういう意味ではなく、凍結部分よりも上流側の通水を止める必要がないという点に着目して不断水工法と呼ばれています。

見方を変えれば、凍結などさせずとも栓の役割を果たさせたい部分に止水弁が既にあり、その弁を閉じることで目的が達成できるのならわざわざこのような工法を採用する意味や価値はありません。そうしたいのは山々だけれども、適切な部分に止水弁がないため、通水を止めようと思えばより上流側の弁を使うしか方法がなく、それでは工事をしたい部分以外の別の配管の通水も止めることになってしまうのでできれば回避したいというような場合にこそ、この凍結不断水工法の出番となるのです。

方法としてはさして複雑なものではなく、栓をしたい部分の配管の周りをすっぽりと覆うように、また内部に液体を入れても漏れることのないように仮設の容器を作ります。管の太さだけの穴を開けた発泡スチロール容器で配管を覆うようなイメージを持ってもらえばよいでしょう。

そしてその容器内に液体窒素などの冷媒を入れます。これで配管内の水は冷やされて氷になるという仕組みです。凍ったことを確認すればその下流側では安心して作業が行えます。作業後は氷を解かせば完了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *