不断水について語ります

水道を止めずに工事が出来る不断水工事とは?

不断水工法とは既存の水道管に何かの工事を行う場合に断水を起こさずに進める工法ですが、その中に凍結による方法があります。

この凍結による不断水工法は原理としては非常に分かりやすいもので、工事を行う部分のすぐ手前の水道管を冷却材により冷却し、中の水を凍らせてしまうでいわば栓の役割を果たさせることによって行われます。

分かりやすい方法ではありますがいくつかの注意点があることも事実です。例えば、不断水工法と言いながら、工事部分よりも後には当然ながら水は流れません。工事部分より先には水道管が存在しない、つまり先端部分の場合にはそれで問題なしですが、後にも水道管が続いている場合はその部分に関しては断水が起きてしまいます。

また、工事部分より先は断水しても問題ないけれどもある程度は水道管が続いているという場合にも注意は必要です。当然ながらその部分には水が溜まっているはずですから、凍結させた後に溜まった水を適切に抜いて処理しなければ工事現場は逆流してくる水で水浸しになってしまうことでしょう。

また、凍結前には水は流れている状態ではいけません。流れていてはいくら周囲から冷やしたところで水は容易には凍りません。つまり水は静止した状態でなければ凍らせることはできないわけで、不断水といいながら工事前には少なくともその部分に関しては水は止まっている状態でなければならないことになります。凍結による不断水工法にはこのような注意点が存在するわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *