不断水について語ります

都市の機能を守る不断水工事の優れた点

凍結水を用いる不断水工法とは、水道管の一部部品を取り換える、分岐管や新規の弁を設けるなどの水道工事をする際に、水道管内部の水を一時的に凍結させて弁の代わりとさせることで行う工法のことです。

不断水工法の一種として分類されてはいるものの、実際には凍結させて弁の代わりとする以上は水は流れなくなりますから、少なくとも工事現場とそれよりも下流にある水道管では断水が起きてしまいます。工事現場のすぐ上流には適当な弁が設置されておらず、さらに上流までさかのぼって弁を閉じると当該現場だけではなく弁から現場までの途中にある分岐管側についても断水させてしまうことになるため、それを避けたいという場合に採用されることが多い工法です。

ただしこのような不断水工法にもデメリットはありますから、どんな場合でも適用できるわけではありません。下流側は断水してしまうということの他に、凍らせることによるデメリットが起きる可能性があります。その最たるものが凍結による水道管の損傷です。冬場に屋外の水道管が凍結し、水道管が破損した経験を持つ人もいるかもしれませんが、水は氷になると体積が増え、その圧力により水道管を破損させる恐れがあります。

水圧が元々高い場合や、水道管内壁が滑りやすい素材の場合、氷を弁とするためにはそれだけ長い部分にわたって凍らせる必要が生じます。そういう場合や、水道管が古く強度に不安があるような場合は破損の可能性も高まってしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *