不断水について語ります

断水による影響を発生させない不断水工事

不断水工法は最近の水道工事においてよく用いられる方法で、水道を断水せずに水道工事を行える点が大きなメリットとなっています。

そのため、これまでの断水を伴う水道工事ではできなかった様々な工事が行えるようになりました。その一つが古くなった水道管の交換です。水道管の交換は老朽化した水道管を新しいものに変える重要な工事で、老朽化による破裂などを防ぐために非常に重要なものですが、水道が断水するとさまざまな影響が発生することからこれまでなかなか行う機会がありませんでした。

水道管を交換する作業は増設などに比べより多くの時間がかかることや、工事が完了した後の点検などにも非常に手間がかかることから必要最小限に抑えられていた経緯があります。

そのため、老朽化した水道管をいつまでも使い続け、破裂などの問題を起こすケースが非常に多かったのです。不断水工法が普及したことで新たな水道管を敷設しその水道管に断水をすることなく切り替えることが可能となったほか、工事の間でも水道の供給が確保できることからじっくりと時間をかけて点検をしながら工事を行うことができるようになりました。

そのため工事の安全性が高く、老朽化した水道管を迅速に新しいものに交換することができるようになったのです。不断水工法は水道を断水することなく適切に工事が行える方法ですが、この方法の普及により長い期間にわたり水道を安全に供給するための高いメリットを得ることができる方法でもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *