不断水について語ります

不断水工事の普及と一般化

不断水工法とは水道工事の際に断水を起こさずに進める工法のことです。

水道管内部は高い水圧がかかっていますから、特に何らの措置も施さずに水道工事を行っては当然ながら水が噴き出し、まともな工事などできません。不断水工法にはいくつかの種類がありますが、どれもがこの水圧を何とかして処理しつつ工事を進めるという点では全て共通しています。

水圧に対処するためには、結局のところは何らかの意味で止水弁に相当するものを新規に設置して工事を行うことが必要です。

この止水弁で水圧に耐えつつ、工事終了後に弁を開いて完了させるわけです。止水弁を設置しては断水してしまうのではないかと思われるのは至極普通の考え方ですが、うまく工夫することでこの問題に対処することは可能です。要は止水弁に相当するものを既存の水道管の外側に設け、弁とその水道管との内部空間を利用して工具を用い、既存の水道管を穿孔するという方法があるからです。

穿孔した瞬間に止水弁までの内部空間には水が進出して水圧がかかりますが、それに耐えられるように設計しておくことは前提です。このような工事を行えば既存の水道管の水流、水圧には全く影響を与えませんから、不断水工法として成立することになります。断水させたり、あるいは既存の水道管の水抜きを行ったりせずに工事を行うことができ、工事を行う人にとっても、また水道水を使う付近の住民にとってもありがたい工事方法ということができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *