不断水について語ります

既設管内の水の流れを止めない不断水工事

不断水工法とは水道工事の際、断水を起こさずに行うことができる工事方法のことです。

家の水道の蛇口をひねれば水が出てきますが、これは水道管には水圧がかけられているからです。もっとも、マンション住まいの人は高層階までそのまま届くほどの水圧ではなかったりしますので、一旦はポンプで水を屋上の貯水槽に汲み上げ、そこから各戸に給水しています。

どちらにせよ、水道管には水圧がかけられていることに違いはありません。ですので、その水道管をたとえ一部でも取り外したりすると即座に水が飛び出してくることになります。これでは水道工事など行うことはできません。そこで、普通は工事をする場所の前後の水道管で止水弁を閉め、水が飛び出してくるようなことがないようにしてから工事を行います。

これで安心して工事ができますが、止水弁を閉める以上はその水道管を通して水の供給を受けている住宅や商店、工場は全て断水することになります。これはやむを得ないことではありますが、不便には違いありません。

断水している間は蛇口をひねっても水は出ません。湯水のごとくという言葉がありますが、いかに普段あまり意識せず当たり前のように思っている水が、一旦出なくなるといかに大事なものかを実感させられる瞬間です。このような不便をさせずに済ませるために開発された工法が不断水工法です。不断水工法であれば水道工事中もそのまま普段どおり水道を使うことができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *