不断水について語ります

不断水工事は私たちの生活にもとても便利な工法

不断水工法とは必要以上の断水を引き起こすことなく水道工事を行う手法のことですが、その一つとして凍結による方法があります。

工事が必要な部分の前後の水道管を冷却して中の水を凍らせ、管内で凍った氷を一時的な止水弁として使うという方法です。この不断水工法では、工事の影響を受ける範囲を最小限に留めることができるというメリットがあります。工事部分よりも上流側では断水を引き起こすことがなくいつも通り水道を使えることになりますし、下流側についても工事のために水抜きなどの処置を施す必要がなくなります。

冷却方法としては液体窒素が用いられることが多いです。凍らせたい部分の水道管がちょうど浸かるようにして即席のプラスチック容器を設置し、その容器の中に液体窒素を注入して水道管を丸ごと冷却するわけです。液体窒素はマイナス200度くらいの極低温ですから、周囲の気温にかかわらず、また管内の水温にかかわらず凍らせることができるのです。

ただしこの方法では使用する液体窒素はその場で気化していきます。窒素は空気中にもあるものですから別に環境問題などには全くなりませんが、気化量や周囲の状況によっては工事現場の酸素不足を引き起こす可能性があります。とくに地面を掘り起こして地中で工事をしているような場合は危険です。

ですから、このような不断水工法を実施する場合には換気に注意するか、あるいは液体窒素の代わりに酸素も含む液体空気を利用することもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *