不断水について語ります

最近の不断水工法について

不断水工法とは、断水を起こすことなく水道工事が行える方法のことですが、全く断水を起こさずに済む方法はもちろんのこと、普通に工事を行うよりも断水の範囲が狭くて済むというものも広い意味での不断水工法に含めることが多いです。

一つの例として、数多くのテナントが入店している商業施設などでの水道工事が挙げられます。ある一つのテナントの入れ替えがあり、水道工事が必要になったと仮定しましょう。

このような場合、施設全体につながる水道管の元栓を閉めてしまえば確かに問題なく水道工事はできるかもしれませんが、そんなことをしては影響が大きくなります。工事をしたいテナントだけでなく、全く無関係の他のテナントでも断水が起きてしまうことになるからです。

全く無関係のテナントによって自分のテナントまで断水が起きることになるのはなかなか理解が得にくいでしょう。飲食店など、営業にあたって水が必須というようなものであればなおのことです。

このような場合、何とか工夫して断水の範囲がそのテナントだけに留まるような不断水工法を行えないかということになります。この工法の場合、当たり前のことですが当該テナントにおいては断水が発生します。工事を行う現場なのですから仕方ありません。

ですが、それ以外のテナントに影響を及ぼさずに済むという意味で、一部に断水は発生してしまうもののこのような工法についても不断水工法の一つに含めることが多くなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *