不断水について語ります

不断水工法で工事をすることをお勧めします

できれば断水を行わずリーズナブルなお値段で工事ができないものだろうか、と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

不断水工法で工事を行うことをお勧めします。不断水工法は大きく分けると分岐工法と凍結工法があり、分岐工法は穿孔機のドリルを使用して既設管に穴を開ける工法となります。

管の分岐したい部分に割T字管を装着しバルブ器具と穿孔機を取り付け、穿孔ドリルで管に孔を開けて機械を取り外します。穴を開ける場合金属片が発生しますが、水圧で外に排出されるため心配する必要はありません。

凍結工法は工事を行う箇所の端を液体窒素で凍結させ工事を行います。バルブがない場所でも作業できるため、商業施設等で配管工事を行う際に適しています。フロアごとで工事を行うことができるため、工夫すると営業しながら工事を行うことができる可能性もあります。

不断水工事は工事の期間が短いということで、人件費などのコストを削減することができます。リーズナブルなお値段で工事ができ安心できるのではないでしょうか。通常の断水工事で施工を行うと、工事が完了した後サビなどがでてしまい水道水に混じる可能性もあります。

不断水工法では、管の内部掃除も手間がかかることがなく、赤水が出る心配もありません。不断水工法だと安心して依頼することができるはずです。状況によってどの工法で工事を行うか検討する必要があるため、まずは業者に相談してみることをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *