不断水について語ります

不断水工法による分岐作成

不断水工法での分岐作成は、他ではあまり使われることのない特殊な管材を用います。

これはT字管の一種であり、もちろんそれが分岐管として使われるのですが、いくつかの特徴を有しています。一つは見た目で明らかなのですが、ちょうど竹を縦に割ったように2つの部品からなっており、これを組み合わせて管にします。

そして、先端部の形状に特徴があり、組み合わせることで本管をしっかりと掴めるような形をしています。これだけでも十分に特徴的ですが、これだけでは不断水工法は行えません。他の特徴としては、本管との接続部に弁が設けられていることで、これを閉じることにより水の流れを止めることができます。

そして最後の特徴は、管そのものの特徴ではないのですが、この管径にちょうど収まる大きさの穿孔機器が用意されていることです。この穿孔機器を利用して本管を穿孔することになるわけです。具体的な不断水工法の方法としては、まず2つの部品からなるT字管を本管に取り付けます。

続いて、穿孔機器を差し込み、本管の管壁を穿孔します。穿孔した管壁は水圧を利用しつつ機器の先端部分にうまく収納できるようになっており、本管をそのまま流れていくことはありません。

その後で弁のところまで穿孔機器を引き出し、弁を一旦閉じるわけです。こうすることで安全に穿孔機器を取り外すことが可能になります。後は分岐管を必要なだけ延長した上で弁を開いてやると分岐管側にも水が供給されるようになる仕組みです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *