不断水について語ります

水道管を凍らせる不断水工法

不断水工法とは断水を起こさないか、あるいは起こったとしても影響を最小限に留めることができる工事方法を指します。

不断水工法にもいくつかのバリエーションがあるのですが、分かりやすいものは水道管を凍結させて行う方法でしょう。水道工事を行う場合、適切な位置に弁が設けられていればそれを閉めてから行えばよいのですが、常に適切な位置に弁が設けられているとは限りません。

また、弁そのものを新品に交換したい場合もあるでしょう。こういう場合に用いられる不断水工法が凍結によるものです。水道管を覆うように即席の容器を設置し、その中に液体窒素などの冷媒を入れて水道管を冷やします。

水道管内でできた氷が即席の弁の役目を果たし、安全に水道工事ができるというわけです。水道管を凍らせるなど、破裂したりするおそれはないのかと思われるかもしれませんが、冬に屋外でむき出しになった水道管などとは異なり、凍結部位は限られていますから破裂するようなことはありません。

凍らせる範囲については、水道管の太さや水圧の高さ、あるいは水道管の材質などによっても異なってきます。水道管が太いとそれだけ凍らせる範囲も広くしなければなりませn。水圧が高くても同様です。

水道管の材質ですが、これは内部にできた氷と水道管の内壁との摩擦力に影響します。氷との摩擦が少ない、つるつるした素材の水道管の場合はそれだけ凍らせる部分の長さも長くする必要があるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *