不断水について語ります

水を常に使う施設は不断水工法が安心です

従来、水道管の交換工事の時には断水が当たり前でしたが、最近は不断水工法による交換工事が行われることも多く、断水することなく工事が進められています。

不断水工法は、通水状態で水道管の交換や新設工事、メンテナンスを行うことが出来る手法で、断水せずに工事が可能になる関係上、事前に周辺地域に住む人々への告知などが不要になるメリットもあります。

いきなり、水道の蛇口から水が流れなくなれば、生活にも支障を来しますし、現代のトイレは水洗式ですから通水がストップしてしまえば、トイレ使用後に水を流せなくなります。

ちなみに、一般的な水栓式トイレはタンクに水を溜めてあるので、仮に断水になったとしても1度だけはタンク内の水で流すことは出来ます。しかし、タンク内の水が減ると同時に、通常なら給水が開始となりますが断水時にはそれがないので、使うことが出来なくなります。

さらに、最近の節水型トイレは水道管に直結されている関係から断水になれば使えなくなるわけです。不断水工法は徐々に広まりつつある手法なのですが、水を常に使い続ける施設などでは必須の工事法と言えましょう。

工場や病院の中には、常に水が流れていないと業務に支障を来してしまうなど、不断水工法で行えば水道管交換などの時でも安心です。尚、不断水工法は技術を要するものであり、すべての業者が出来るわけではありません。但し、その技術も広まりつつあるなどからも、将来的には断水要らずの工事が当たり前になるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *