不断水について語ります

不断水工事での分岐管作成

不断水工事の一つに分岐管作成というものがあります。

既に水が流れている水道管の本管に対して、その水流をストップさせることなく途中にT字型の分岐管を作成し、そこにも水を流そうとする工事です。そこに新しく建物が建設されるような場合にこの工事を応用することができるでしょう。

このような不断水工事にはちょっとした工夫が必要です。というのも、T字管を作成するために本管を取り外したり、穴を開けたりするとそこから水が溢れることになるからです。これは止むを得ないように思えるかもしれませんが、実はそうではありません。

不断水工事では、予め分岐管に相当する管を本管に接続してしまうところから工事が始まります。もちろんこの時点では分岐管を接続するだけであって、本管との間には本管の壁がありますから水は流れてきません。

ただ、しっかりと接続し、仮に水が流れても漏れたりするようなことがないようにしておきます。続いて、この分岐管の内部にちょうど収まるような大きさの穿孔器を準備します。

この穿孔器を分岐管に差し込み、本管の壁を穿孔するわけです。穿孔した切り屑がそのまま本管を流れていったりしては困りますから、それは穿孔器の先端部分にうまく回収できるようになっています。

この後、穿孔器を引き抜きつつ、分岐管の根元に予め設けられている弁を閉じれば分岐管の作成はほぼ完成です。後は穿孔器を抜き去り、分岐管を必要なだけ延長してから弁を開いてやれば良いわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *