不断水について語ります

不断水工事で分岐管が作れる

現に水が流れている水道管に対して、新しく分岐管を作成したいというケースがありますが、この工事を不断水工事で行うことも可能です。

水が流れている水道管には水圧がかかっているのですから、このような工事は一旦水を止めてからでないと行えないように思われるかもしれませんが決してそうではありません。

原理的にはさして難しいことではなく、要するに水圧に耐えられるような状態で工事ができれば問題はないわけです。その不断水工事は、まずは分岐管を本管に取り付けるところから始まります。

取り付けるといっても本管の壁はそのままなのですから水は流れてきようがないのですが、それは脇に置いておいてまずは管を設置してしまうのです。この際、分岐管と本管との間はパッキンなども含めて仮に水圧がかかったとしても水が漏れたり、あるいは分岐管が外れてしまったりすることのないようにしておきます。

また、この分岐管の根元には弁を設け、そこで水を止められるようにもしておきます。このように状況をまず整えてから不断水工事が始まります。分岐管の内径にちょうど合うような穿孔器具を用意し、それを分岐管の開口部から差し込んで本管の管壁を穿孔してしまいます。

これにより水は分岐管側にも流れるようになりますが、この時点では穿孔器具があるためにまだ水は流れてきません。穿孔器具を少し引き抜いて弁を閉めます。これで安全に器具を抜き取ることができるようになります。後は分岐管を伸ばして弁を開けるだけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *