不断水について語ります

不断水工法は住民への周知徹底が必要ありません

不断水工法とは、水を止めることなく既設の本管から穿孔機を取付け、分岐配管を作るやり方です。

この工法を使用すると、従来使用している本管に水を流しながら工事を進めることができます。水を停止するためには、事前に利用している人に周知徹底を図る必要があります。長い期間の広報活動をすることによって住民に周知徹底させるために文書を作ったり、その文書を配布したりする作業が必要でした。

停止後の使用開始のお知らせを流す必要がありますし、停止によっておこる管の中の清掃工事なども時間がかかる煩わしい作業でした。工事に関する手間を省くことができます。不断水工法にはバルブを用いて補助金具を利用して機械的に止水する方法があります。これは一般に太い管に対して用いられる工法です。

これに対して枝管の管内水を液体窒素などの低温媒体で凍結させて栓とする凍結工法という方法もあります。この工法は、小口径給水管の漏水処理などに用いられます。補水弁に異常のある消火栓の取り換え工事などの短時間で限定的に止水することで、本管の断水を防いで施工をすることができることになります。

通常水道管などは、道路等に埋設されています。不断水工法の作業をする時には、穿孔機を含む充分な作業スペースの確保が必要になります。また作業は、作業マニュアルなど手順を整えて実施することが必要になります。作業の進行状態も適切にチェックしながら分岐工事を進めていかなければならない、不具合の許されない工事だといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *