不断水について語ります

不断水工法の特徴について

不断水工法というのは、何らかの水道工事をしようとするときに、既に供給されている水道水を一時的にせよ断水させずに行うことができる工法のことです。

水道というのはもちろん重要なインフラですから、たとえ一時的なものであっても断水させずに済むことは影響を受けるかもしれない住民にとっては大きなメリットというか、デメリットの回避につながります。

また周辺の住民だけではなく、工事を行う側の人間にとってもメリットがあります。断水の周知をせずに済むということもそうですし、工事そのものも不断水工法を採用することにより比較的短期間、低コストで済むことも多いからです。

ただし、地中に埋設されている水道管は決して農業用の用水路か何かのように水が流れているわけではありません。地中に埋設されている水道管には内部に高い水圧がかかっています。高い水圧がかかっているからこそ、地上にある蛇口をひねるだけで地下の水道管から水が出てくるわけです。

また、事故などで水道管が破裂したような際、水が噴水のように噴き出しているのを見たことがある人もいるかもしれませんが、これも水圧がかかっているからです。つまり、不断水工法とはこの水圧に対処できるような方法で行わなければならないということです。

そうでないと工事をしている最中に水道管から水が噴き出してくることになり工事どころではありません。実際にこのような水圧に対処できるようにしながら工事を行う方法が確立されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *