不断水について語ります

ビルなどでの不断水工法

大規模な商業施設などのビルの場合、水道工事にあたって不断水工法の採用が強く推奨される場合があります。

例えばビル内のある一つのテナントの入れ替えがあり、そのテナントの水道工事が必要になったと仮定しましょう。この場合、そのテナント部分だけに影響する水道管にバルブが設けられていれば比較的話は簡単です。そのバルブを閉めた上で水道工事を行えば問題はありません。

ですが、常にそのような適切な位置にバルブが設けられているとは限りません。より大元のところにしかバルブがない場合も十分にあり得ます。そのような場合、そのバルブを閉めてしまえば、当該テナントのみならずそこから下流にある全てのテナントで断水が起こってしまいます。

水道水がないと単に不便なだけではなく、そもそも店を営業していられないテナントも数多くあるでしょう。飲食店などは死活問題のはずです。このような場合は安易にバルブを閉めて断水を起こすことはできません。

そこで推奨されるのが不断水工法です。不断水工法では、適切な位置にバルブがなくても、工事をしたい場所以外には断水の影響を及ぼすことを避けて行うことができます。具体的にどのようにするのか見当もつかない人もいるかもしれませんが、聞いてみれば実は単純な方法です。

水を止めたい場所の水道管を人為的に冷やして中の水を凍らせてしまい、即席のバルブとすることで行うのです。凍った氷がバルブの代わりとなりますので、その間に工事ができるという仕組みです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *