不断水について語ります

水道インフラに影響を与えない不断水工法

人間が生きるためには水が絶対に欠かせません。

それは何も飲料水や料理だけではなく、社会生活の様々な面に及んでいます。洗浄や下水道へ汚物を流す際にも必要ですし冷却のために用いられることも少なくありません。ほぼ全ての農業においても不可欠であり、サービス業でも水を使わないということはないでしょう。

にもかかわらず水道管は傷みやすく定期的な取り替えやメンテナンスが必須です。悩ましいことに24時間稼働している工場や、大型レジャー施設では工事のため水道を止めることは許されません。このジレンマを解決してくれるのが不断水工法です。状況に応じて様々な方法が使われますが、分岐する場合にはまず水道管に専用のT字管を取り付けていきます。

そこへ穿孔機と弁を設置すれば水の動きを変える準備は完了です。機械で水道管に穴を開けても弁を閉じれば水が漏れることはありません。穿孔機を取り外した後に新たな配管を取り付けたら、仕切弁を開放して工事は終了です。

この不断水工法を応用すれば古くなった部品の交換なども供給を停止することなく実施できます。文字にしてみるとシンプルですが、実際には熟練の技術が物を言う分野です。

大切なインフラを任せる不断水工法だからこそ、信頼に値する専門企業に託していくべきでしょう。過去の工事実績を確認すれば自社に適しているかが明確に分かります。その上でカタログに目を通したり、直接問い合わせを行うなど具体的に動いていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *