不断水について語ります

不断水工法でマンションを快適リフォーム

マンションを快適にするためのリフォームで取り入れたいのが不断水工法です。

水道管を断水しなくても工事できるのが強みです。店舗兼用住宅やテナントが入居しているマンションでは、営業時間とリフォーム工事施工の時間帯が一致する場合が多くなります。入居者に断水のお知らせをするにも、告知用のチラシを作成してポストに投函しなければならないので手間がかかります。

不断水工法は手間を省略する効果も期待できます。工事を実施するときに、水道管を使用できなくなる趣旨のチラシを作成する必要がありません。各部屋のポストへ、あるいは集合ポストへの投函を省略できます。

ストレスというほどではありませんが、リフォーム工事に専念しやすくなる環境が整いますので、コスト削減効果にもつながります。不断水工法ならば断水しませんから、通水後の赤い水現象も回避できます。

一時的な断水は、水道管内部のサビや不純物が水道水に混ざりやすくなる状態になります。断水の終了と共に、まず最初に蛇口をひねったときの水が、サビの混ざった赤い水では飲料や調理に適しません。

断水工事の時に出かけていて工事そのものが影響しない人でも、通水後の最初の水は自分で蛇口をひねったときになるので、対処が必要になることに変わりありません。不断水工法ならば、時間差での対処が必要ありませんから、思わず蛇口を強く締めてしまうなどのトラブル予防にも良い影響があります。入居者は円滑な水道の利用が可能な状態を維持できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *